Accessibility Page Navigation
Style sheets must be enabled to view this page as it was intended.
The Royal College of Psychiatrists Improving the lives of people with mental illness

地域精神保健医療チーム:キー・ファクト  

Community Mental Health Teams: key facts

 

 

 

地域精神保健医療チーム(community mental health team - CMHT)とはどのようなものですか?

精神保健の専門家が、さまざまなこころの問題を抱えた人たちを支援するために一緒に働いているチームのことです。いろいろな問題を解決するために、それぞれの専門家が異なる知識やスキル(専門技術)を持ちよります。

 

どのような場合にCMHTに紹介されるのでしょうか。

こころの問題を抱える人に対して、まずかかりつけ医が助言をしたり、抗うつ薬を処方したり、あるいはカウンセラー・心理療法士へ紹介するといった支援をおこなうことがあります。しかし問題がもっと複雑な場合、CMHTに紹介します。

 

CMHTでは誰に会うことになりますか?

精神保健(メンタルヘルス)を専門とする医療者(メンタルヘルス・ワーカー)に会うことになります。CMHTにはいろいろな異なる専門をもつメンタルヘルス・ワーカーがいますが(下記をご覧ください)、誰もがあなたとの間に、信頼と敬意があり、あなたにとって役立つ関係を築くよう努めます。

 

CMHTはどのように私を支援してくれますか?

CMHTのメンタルヘルス・ワーカーは、あなたがどのような支援を必要としているかを明確にし、あなたの調子を見守ったり、あなたが得意とする部分をさらに伸ばすよう支援します。つまり、あなたが現在抱えている問題への解決を探り、回復にむけた支援をします。

 

どのように面談を受けますか?

あなたひとりで面談を受けることもあれば、他の人と一緒に、時にはあなたの友人や家族と一緒の場合もあります。メンタルヘルス・ワーカーは専門職種にかかわらず、だれもが一連の重要なスキルを備えていますが、必要に応じて、それぞれに得意とする専門的な技術スキルを用いることもあります。次のような職種の専門家がいます:

  • 精神科医
  • 地域精神科専門看護師(Community Psychiatric Nurses - CPN)
  • ソーシャル・ワーカー
  • 作業療法士(Occupational Therapists - OT)
  • 臨床心理士
  • 薬剤師

 

チーム・マネージャーは通常、上級の看護師やソーシャル・ワーカーで、患者さんに直接会うことはあまりありません。チームの運営の実務面や、他の医療サービスや組織との連携、チームをどのように発展させていくか、高度な臨床実践の基準を維持していくかといったことを担当します。受付係や秘書は、チームの円滑な運営を支援します。

 

他のスタッフ

他にも、アウトリーチ・ワーカー(訳注:積極訪問支援に関わる職員)や福祉手当の専門家、サポート・ワーカー(訳注:日常生活をうまく送れるように支援する職員)、リカバリー・ワーカー、就労支援専門家、芸術療法士、心理療法士などのスタッフがいます。自身がこころの問題を抱える当事者、アドボケート(訳注:権利擁護を支援する職員)、デイ・センターや住宅関係の職員といった、専門資格を持たないスタッフがチームの一員として働く機会が増えています。高齢者の精神保健専門チームには、言語療法士や理学療法士がいることもあります。

 

CMHTはどこで仕事をしているのですか?

診療所のようなチームのオフィスで仕事をします。スタッフは、チームのオフィスであなたに会うこともありますが、外来診療所やかかりつけ医の診療所、デイ・センターあるいはあなたの家であなたと面談することもあります。

 

CMHTはどのように機能しているのですか?

CMHTのスタッフは、単独であなたを支援します。また、チーム全体で、あなたをどのようにサポートするのが一番良いのか相談し、定例のチーム会議では、スタッフたちが、あなたの問題や長所をよりよく理解できるよう話し合います。そして、あなたにとって適切なケア・プラン(治療計画)をたて、チームのどのスタッフがあなたを担当するのが良いのか、決定します。このスタッフが通常、あなたのキー・ワーカーになります。

 

キー・ワーカー、ケア・コーディネーターとは何ですか?

キー・ワーカーとなるのは、たいていソーシャル・ワーカーまたは看護師です。キー・ワーカーはあなたのことをよく知り、あなたが困っていることを聞き、あなたが問題をどのようにとらえているのかを理解し、あなたの強みを知るよう努めます。また、ケア・プラン(治療計画)についてあなたと相談し、カウンセリングや情報、助言を提供したり、あなたにケア・プランを渡して説明し、ケア・プランに関わる全員が協力して働くようにします。

 

ケア・プラン(またはリカバリー・プランとも呼ばれます)とは何ですか?

あなたへの支援や治療は、ケア・プラン(治療計画書)の中にそれぞれの分野ごとに記載されます。あなたは、ケア・プランの写しを受け取ります。ケア・プランは数ヶ月ごとに見直されます(下記を参照)。

 

ケア・プログラム・アプローチ(Care Programme Approach - CPA)とは何ですか?

CPAとは、あなたのケア・プランに関わっているすべての人が、数ヶ月ごとにミーティングを開く仕組みを指します。あなたもこのミーティングに招かれます。また、希望する場合、あなたをサポートしてくれるあなたの介護者や家族、アドボケート(下記を参照)などと一緒に参加することができます。

 

守秘義務についてはどうなっていますか?

CMHTのスタッフは、医師や他の医療関係者と同様に、あなたの個人情報についての秘密を守らなければなりません。しかし彼らは、チームの他のメンバーとはあなたの個人情報を共有します。そうすることによって、あなたに最適と考えられるケアを提供することができます。またCMHTのスタッフは、あなたの家庭医や、あなたが治療を受けている他の医師と連携することがあります。

 

家族や友人が関わることもできますか?

CMHTは、あなたの家族に、あなたへの支援に関わってほしいと考えることがあります。しかし家族であっても、スタッフにはあなたの個人情報についての守秘義務があります。そのため通常、あなたの同意を求めます。多くのチームは、家族に情報を提供したり、家族へのサポート・グループを開いたりしています。

 

アドボケートについてはどうなっていますか?

アドボケート(訳注:権利擁護を支援する職員)は、あなたと一緒にミーティングに参加して、あなたが質問をしたり、あなたの意見が専門家に伝わるのを支援します。彼らはたいてい、ボランティア団体や、医療サービス内であってもCMHTとは異なる部門に雇用されています。

 

薬を飲むかカウンセリングを受けるのか、選ぶことはできますか?

あなたにとって何がもっとも役立つのか、そして、あなたがどれを一番好ましいと考えるのかによります。多くの人は、薬物療法と心理療法の両方を受けています。

 

専門分化したCMHT

英国では現在、専門的な役割を担うCMHTがいくつもあります。自宅における訪問治療(home treatment)、危機介入(crisis intervention)、若年発症の精神病(early onset psychosis)、初回エピソード精神病(first episode psychosis)、アセスメントおよび短期治療(assessment and brief treatment: ABT)、継続治療(continuing care)、リハビリテーョン(rehabilitation)、積極的介入および訪問治療(assertive outreach)、司法精神医学(forensic)などがあります。

 

私の住んでいる地域のCMHTからどのようなことを期待できますか

チームのあり方は地域によってかなり異なります。長期にわたる重症の精神疾患の人への支援に力をそそぐCMHTもあれば、不安障害やうつ病の短期の治療に専念するチームもあります。CMHTがどのようなサービスを提供するのかは、予算を握る地域の保健医療当局と、CMHTを運営する精神保健トラストとの間で取り決められます。


Translated by Ayako Nishiwaki and Dr Nozomi Akanuma. March 2012.


© [2012] Royal College of Psychiatrists. This leaflet may be downloaded, printed out, photocopied and distributed free of charge as long as the Royal College of Psychiatrists is properly credited and no profit is gained from its use. Permission to reproduce it in any other way must be obtained from the Head of Publications. The College does not allow reposting of its leaflets on other sites, but allows them to be linked to directly.
 

For a catalogue of public education materials or copies of our leaflets contact:

RCPsych logo

       Leaflets Department
       The Royal College of Psychiatrists
       17 Belgrave Square
       London SW1X 8PG

       Telephone: 020 7235 2351 x 6259

       Charity registration number 228636


 

feedback form feedback form

このサイトへのリンク、リーフレットのダウンロード、印刷、コピーならびに配布はご自由にどうぞ。ただし、内容を変更したり、他のウェブサイトに転載することはお断りいたします。

個々の事例に対する助言はできかねますのでご了承ください。必要な援助を受けるためのアドバイスは、Q&Aのページをご覧ください。

このリーフレットへのご意見をお聞かせください。

次の質問にお答えの上、「送信」をクリックしてください。または、ご意見をdhart@rcpsych.ac.ukあてにメールでお送りください。(訳注:ご連絡は英語でお願いします。)

下の表の左の列にあるそれぞれの項目について、感じたことに一番近いものをクリックしてください。

いただいたご意見は、このリーフレットをよりよくするために参考にさせていただきます。なるべくすべての項目にお答えください。

 

このリーフレットは:

そのとおりだと強く思う

そのとおりだと思う

どちらとも言えない

そうは思わない

まったくそうは思わない

  Strongly Agree Strongly Agree Agree Neutral Disagree Strongly Disagree Strongly Disagree
読みやすかった
           
役に立った
       
丁寧に書かれていて、
見下された 感じはしな
かった
     
デザインが良かった
         

ご自身についてお答えください。このリーフレットを読んでみたのはどうしてですか。あなたがどれに当てはまるか選択してください(2つまで)。

あなたの年齢(当てはまるものを選択してください。)